日経平均はどこまで上昇するのか?

NYダウが史上最高値を更新する報道が連日のように聞かれるなか、日経平均株価も年初来高値付近

11月14日につけた17,490円83銭に次ぐ17,459円85銭の値を付け、28日の取引を終えました。

原油価格が下落基調にありますが、これを受けて、JALやANAといった空運株、川崎汽船や日本郵船などの海運株も買い継続。

JALが前日比+175円の3,490円、ANAが同+20.1円の292.2円、

川崎汽船が同+20円の311円、日本郵船が同+11円の335円。

反対に、原油価格の下落から軟調となったのが、JXホールディングス(前日比10.6円安の441.6円)、出光興産(前日比39円安の2,025円)など。

上昇率が高かったのは

(株)レッド・プラネット・ジャパン(東京証券取引所JASDAQ)で前日比29.79%高。

株式会社レッド・プラネット・ジャパンは、レッド・プラネット・ホテルズ・リミテッド社の傘下で、日本の音楽市場でCD等のパッケージの流通を中心としているほか、ホテル事業も行っています。

また、マザーズの株式会社インタースペースも前日比+19.62%高

値下がり率が高かったのは、日本PCサービス(株)(前日比ー18.91%)や(株)山陽百貨店(前日比ー17.88%)など。

さて、世界の主要な株価指数ですが、イギリスのFTSE100も6,800を超えようかという状況、ドイツDAXも10,000を伺おうかという展開。

主要先進国では年初来高値をうかがう勢いで、日経平均も年初来高値を更新し続けそうな感じです。

では、どこまで上昇するのか?という疑問も浮上します。株価はどこまでも上昇するワケではありません。

今はCFDで、株価指数が下がったところを買いで攻めるのが得策でしょうが、そろそろ様子見をするのも大事な時期に差し掛かっている気がいたします。

このブログ記事について

このページは、akiraが2014年11月28日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10円円安が進むと約1兆3千億円の減益」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。