2014年9月アーカイブ

日本は、昔から円安を歓迎するムードがある。

これは、トヨタやソニー、CANONなど、国内には大手輸出企業が多く、これまでの日本経済をけん引してきたことが一因と考えられます。

しかし、サブプライムショックを発端とする世界的な金融危機で、外国為替相場は歴史上の最高値を更新する円高にまで円の価値は上昇。

世界経済の低迷に加えて円高の影響から、当時の輸出企業は業績をどんどん下方修正。

円高時代を乗り切るために、企業体質の改善、生産体制の見直しを迫られた。

その一つが、為替相場に業績を左右されないよう、生産拠点を海外へと移動するというもの。

これにより、大手輸出関連企業は円高に強い企業へと体質が変わった。

さらに円高によって大きくのし上がってきたのが、輸入関連企業。

ユニクロやニトリなどが、円高やデフレ経済を背景に国内での利益を押し上げ、店舗数も増加させた。

このように、円高に耐えうる日本経済へと変わった今、昔のように円安が本当に歓迎されるのかどうか、考え直す時期に入っていると思う。

確かに、輸出企業がアメリカで商品を売れば、為替差益で利益を押し上げる。

それにしても昔のような好影響とまでは行かないのではないか?調達する材料やエネルギーコストは上昇し、円安がもたらすデメリットも含めて、どれほどの円安効果が日本経済に期待できるのか考えなければならない。

そうしたなか、日本商工会議所の三村会頭は「あまり大きな円安は今の段階では望ましくない。ちょっと行き過ぎだと思う」と述べ、急激な円安進行に懸念を示した。

中小をはじめ多くの企業は、輸出関連企業であっても輸入する原材料価格の上昇による打撃が大きいと説明。

みずほ銀行産業調査部の推計では、中小などの非上場企業は、10円円安が進むと営業利益で約1兆3千億円の減益になるそうだ。

企業じゃなく、消費者の観点から考えても、輸入に多くを頼る日本は物価の上昇を招き、結果として経済にプラスとは言えない。

日銀と政府はこうしたことを踏まえて、円高だけではなく、一方的な円安も阻止する金融政策を話し合う必要があると思う。

マクドナルドの回復は

中国の鶏肉問題はかなり衝撃的でした。

どうして中国ってこういうことが度々起こるのか、衛生管理の面ですごく不安です。不衛生であることに関心が乏しいというか、あまり気にしない人が多いのかも知れませんが、現在は世界の先進国に対して、たくさんの食品や製品を送り出す大国。

その責任を大切にしてほしいと思います。

さて、冒頭の鶏肉問題で大きな損失を被ったマクドナルド。

チキンナゲットといえば、大人もそうですがハッピーセットを注文する子どもの多くが口にする商品です。

そのチキンナゲットに衛生上の問題があったというのが、非常に胸が痛い。

問題発覚後は売り上げが落ち、8月の既存店売上高は前年同月比25.1%減と大きく落ち込みました。

CMをご覧の通り、マクドナルドではさまざまなキャンペーンを夏に行いましたが、やはり鶏肉問題の客足減をカバーするには至らなかったようです。

今年下期には「十億円規模の損失が出てもおかしくない状況」との声もあり、株価の動向も当然気になるところですね。

回復やいつになることやら・・・

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。