株価の上昇は過熱気味

世界的に株価の上昇が止まらないような2013年上半期。

ドイツや米国では、既に市場最高値を更新していますが、日本も近い将来、史上最高値を更新しそうな勢いです。

5月20日現在、日経平均株価は15300円を超えています。

今月末までには16,000円を付けてもいいような状況。

しかし、最近の株価上昇は、ちと急ピッチすぎるように思いませんか?日本はもちろん、世界の先進国、ここまで株価指数が上昇するに値するほど景気がよくなっているのでしょうか?

投資は、今現在の状況というよりも先々を読んで動いているものですが、それにしても最高値を更新するような好景気がやってくるのか、疑問でなりません。

?

そのうち、調整局面がやってくると思いますが、何をきっかけに"その局面"がやってくるのか、ちょっと見当がつかないことも確かですが、常に上り調子というのはあり得ないのが相場じゃないでしょうか?

トレンドに逆らって、株価指数の売りポジションを建てるのは邪道かもしれませんが、短期的に売って利益をとるのは悪くない手法。

とはいっても損切りの設定をしないと、痛い目に合うので少しづつ利食いをしていくのが正攻法でしょうね。

このブログ記事について

このページは、akiraが2013年5月20日 14:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「株価指数と為替相場の相関性が薄れる」です。

次のブログ記事は「シティカードジャパンの株価」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。